FC2ブログ

-
歯医者はビジネス無能として有名です。その中でも外部から文句を言われたり
する事も少ない、隠蔽体質の業界であったために、現在では、ビジネスとして
ほぼ、どこも相手にしてくれない、業界だけで褒めあいをしているような気持ち
の悪い業界です。

また、歯医者が過剰に存在していようとも、歯医者という人種、業界自体が気持ち
悪く、それを相手にするメリットもコスト的な面も割りにあわないという事から
その他のビジネスサービスを展開している企業は営業マンを回しませんでした。

その結果が、ビジネスに無能な人間が出来てしまった、そして本当にビジネスを
行っている企業は、この無能な歯科業界には目をくれることはありませんでした。

しかしながら、昨今のインプラントなどの問題点や、実際に日本の歯科の過剰と
サービス業としての自覚の無さ、など問題が山積している中で圧倒的優位にビジネス
として歯科を認知させ、市場競争原理を取り入れる事で、無能な歯科の淘汰とレベル
向上を目的として、セラミックの自費診療、オールセラミックの歯科の自費診療
現在の7万4000件もある過剰な歯科医師の価値から適正価格を割り出し、お客様、
すなわち患者様に求められる、ニーズに適合したサービスで圧倒的な集客力を誇るマーケティングの会社が名古屋に出現してきました。

それが株式会社Japan Dental Frontierです。
圧倒的な歯科自費診療の集客率は、多分日本No1です。これは、高度なSEO技術に
WEB製作技術は当然ですが、何よりも的確なのが市場予想、市場観測の的確さと
ニーズの察知能力です。ニーズを考え、SEOやWEB対策を施すからこそ、サイトの
露出が高まり、歯科自費診療を必要として検索している人の目にはいる
のです。


歯科医師が、最もらしいけれども、大間違いな事を開陳している中で、ビジネス
マインドのない無能な歯科医師と、人間以下の考え方思考しか出来ない閉鎖的空間
にいる歯科医師などは淘汰されるべきだという事、そして力のある有能な歯科だけが
これから残っていくことが、最も国民の利益になるという結論を出し、
株式会社Japan Dental Frontierの歯科の自費診療のマーケティング、新サービスの
企画運営がスタート
しました。


そして2012/10/26現在、月間問い合わせは300件という驚異的な数字を達成し
成約率は80%となり現在の歯科集客の規模に於いて日本No1
という事が出来る
でしょう。


現在この株式会社Japan Dental Frontierでは、これからのビジネスで当たり前
接客態度、取引先との上下関係、つまりは歯科医師であろうとも集客できない以上は
対等の立場ではなく歯科医師が下の立場であるという事が分かる人間を募集
しています。


特段この会社自体が、高飛車に何かをしたいわけではなく、これまでの歯科医師が
自分で集客も出来ない、経営理論も分からない、という状態であるにも関わらず態度が
でかく、何かを勘違いしていたので、ビジネスの中で集客できない歯科医師が外部と
関わる際には立場は下であるという事を名言しているに過ぎません。



歯科医師はよく勘違いしていますが、コストをかけて歯科医師になったのだから、当然
治療を高くする、というような考え方をしていますが、そんな価値は既に歯科医師にあり
ません。


もっと具体的に言えば、自費診療の中ではジルコニア、オールセラミック、セラミック
どで1本の治療で15万とか25万とか、そんなにとれるほどの価値が歯科医師の能力や
提供しているサービスにはありません。


過剰に存在しているものにそんな価値はないというのは市場経済からして当然なのです。
そして、自費診療というものは、そもそも市場経済にさらされるものですから、歯科医師が
知ったかぶりをして偉そうに言っている「医療の崩壊」など招くわけがありません。


また医療と、市場経済は違うなどと言う歯科医師がいますが、馬鹿のきわみです。
歯科製品や、医療器具などはほぼ貿易によって取引され市場経済の中の産物です。
医療が市場経済にさらされないというのは真っ赤な嘘以外の何者でもありません。


また歯科に関して言えば、歯科は過剰に存在しており、もし保険点数をあげるという
事を歯科にも施してしまったら保険財政をまた圧迫するという事が起きますから
医療保険点数を上げるという議論まではかまいませんが、ここで歯医者に対しては
除外をすべきです。


なぜなら、医療保険制度というのは、過剰に存在している歯科医師を食わすために
ある制度ではないからです。適切な治療が出来ない無能な歯科は淘汰されて消えれば
余程日本経済、日本の医療のためになりますし、国民の利益になるという事は間違い
ありません。ですから無能な歯科は淘汰されれば日本の国益になります・


しかしながら、ビジネスとして歯科を行っている以上は、まともな頭と感覚を持った
歯科医師であれば、ここまでに述べてきたことは十分に理解が出来るでしょう。

そして先に紹介した、株式会社Japan Dental Frontierの歯科の自費診療の月間の
集客が300件、そして成約率が80%というのがいかに圧倒的なのかがご理解は頂ける
と思います。

現在、このマーケティング会社である株式会社Japan Dental Fronteirがお客様の
受け入れ歯科医院を募集しています。これは、またとないチャンスです。特に年収が
1000万円を切っているような歯科医師は、このチャンスを逃すのは非常に勿体無い
事です。


普通であれば、自分でネットの対策をする、集客をするという事をしなければ
なりませんが、歯科医院はこの株式会社Japan Dental Frontierのプランどおりに
契約通りに業務を行っていれば月間の収益は現在のものからプラス100~140万円程度
は増収するのです。


特段、ネット対策をするからお金をもらっているという企業ではありません。
ですから、特に年収が1000万円もいかないような歯科医師にはチャンスであると
いえます。


しかしながら、この会社は人間を選びます。このプランに参加したいと電話を
した、問い合わせをしたという事で、すぐにサービスの契約をしてくれるわけ
ではありません。あなという人間がまともな人間なのか、又はそうではないのか
という事を見ています。ですから、まともではない人間に対しては「取引不適格」と
して、その場で通知されますから、集客も出来ずにお客様を頂く立場になる歯科医師
が下の立場になるという事をきっちりとわきまえていられる人のみが、このチャンスを
掴む事が出来るのです。


このチャンスを掴みたい方は下記のバナーをクリック
↓↓↓
header.png



関連記事
スポンサーサイト
名古屋 ホワイトニング 最安値
Posted by名古屋 ホワイトニング 最安値
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。